イメージ画像

クレカをお金に換える方法を伝授!

クレジットカードと還元率を考える

クレジットカードの現金化には、還元率が重要であることは間違いありません。
とても重要な要素で、これがなければ話にならないといってもいいでしょう。
意外と軽視されている人もいますが、利用をする以上、今一度考え直してみることが大切です。

還元率とは何かといえば、現金が返ってくる割合を示しています。
還元率70%であれば、キャッシュバック付きの10万円の商品を購入すると7万円返ってくるとなるのです。
90%であれば、9万円返ってくるわけです。
そのため、わずかな数値の差であっても、実は大きな影響を与えます。
しかし、5万円の商品としてしまえば、この差は1万5千と影響が小さくなります。
さらに金額が小さくなると、気にならなくなってしまうところが大きな問題なのです。
特に初回取引の場合、こうした少額をベースにしてしまえば、大きな取引きになった時のギャップに驚くことになるでしょう。

この還元率はクレジットカードの現金化を行っている会社の利益です。
ですが、それだけではありません。
人件費だってここから出ていますし、クレジットカード会社に支払う手数料にもなっているのです。
クレジットカードの現金化を行っている業者は、クレジットカード会社に対して、手数料を支払っています。
クレジットカードが利用できる代わりに、手数料が必要になるのです。
その割合は、取引金額の量によっても異なります。
1%~5%は支払うことになりますが、1%などというのは大手デパートなどの膨大な取引量があるからです。
これに人件費や利益を足せば、95%の還元率はいかに難しいものかわかるでしょう。
97%にもなれば、数万円の取引で出る利益は数百円です。
そんなことをするいみは、どこにもないのですから、怪しいサイトであると考えるべきでしょう。

悪質なサイトの中は、こうした高い還元率を前面に出すことで、集客を考えているのです。
そんなところがいっぱいあるのですから、まずはおかしいと思い仕組みを考えましょう。

このページの先頭へ