イメージ画像

クレカをお金に換える方法を伝授!

営業曜日や営業時間と還元率の問題

還元率というものは、クレジットカードの現金化の場合、非常に重要です。
現金がいくらになるのかという数値なのですから、この値によって大きく差が出てくることになってしまいます。
どこも均一ではないのですから、少しでも高いところをと思うでしょう。
この違いは、利益のとらえ方によっても違いが出ます。
実は、我々の利便性という面でも違いが出てくるのです。

クレジットカードの現金化の業者もいろいろなタイプがあります。
一般企業と同様に8時から17時まで営業もありますし、土日休みのところも普通にあります。
もちろん、土日営業しているところや24時間対応のところは、便利な業者であるといえるでしょう。
ですが、何もクレジットカードの現金化の業者だからそんな営業をしているわけではありません。
集客という点に注目しているからうまく対応しているだけなのです。

こうした営業時間は、実は還元率にも影響しているとしたらどうでしょう。
24時間対応のクレジットカードの現金化をしてくれれば、大変便利なところになります。
それだけにお客は集まりやすくなるのですから、還元率は低めに設定しても経営できるのです。
逆に一定時間に絞りこめば、利用者は限定されてしまうことになるでしょう。
その代わりに還元率を高く設定することで、集客を考えているのです。
集客の麺からだけの分析ですが、時間が長くなれば、それだけ人件費もかかっているということも重要になります。
24時間対応にすると、単純に3倍の人が必要で人件費がかかります。
24時間対応のネットバンクも用意する必要が出てくるのです。
それだけ経費を掛けることになれば、還元率は自動的に下がっていくことになることは明白でしょう。
経営上のリスクの部分ですので、逃れることはできない問題です。

ちょっと考えると、さらに先の問題が見えてきますが、24時間対応で、高い還元率を維持しているとするのであれば、そこは安全であるとい えるでしょうか。
こうしたことも、大きなヒントにしてみることが大切です。

このページの先頭へ