イメージ画像

クレカをお金に換える方法を伝授!

幹事になるはクレジットカードの現金化に使える?

クレジットカードの現金化は、単純に考えてクレジットカードのショッピング枠を使うと いうことが重要になります。
単純な構図ですが、クレジットカードを使ってショッピングすることは難しいことではありません。
しかし、現金にするのは非常に苦労するのです。
悪徳な業者がいたりすることで、慎重になるべき部分もあるのは当然です。
自分で行うのであれば、かなり頭を使わないと、うまくいかないものでもあるでしょう。

業者を使う方法は確実です。
ですが、換金率の問題もあったりするため、自分でやりたいと思う人もいるでしょう。
安全なのは当然だとしても、相手にはクレジットカード情報を渡さなければいけません。
それが嫌だと思うのも当然のことです。
自分で行うのであればと考えるわけですが、なかなかうまくいかないものでしょう。
ゲーム機やブランド品を使った方法は情報を知らなければ、活用できません。
せっかく購入したのに50%を切る還元率になるということも珍しくはないのです。

そこで、普段から考えて情報を集めなければいけません。
かなり面倒であるということを考えても、もっと安全で確実な方法が実はあるのです。
それが、幹事になるということだとしたら、ちょっと驚くでしょう。
たとえば、飲み会を行うとしたら、料金の支払いを自分のクレジットカードで済ませます。
ですが、参加者のお金は現金で徴収していくのです。
不思議なことも何もありません。
簡単な方法により、クレジットカードを使いながら現金にすることができました。

規模が大きくなればなるほど、現金に対する効果が大きくなっていきます。
手数料となるものもありません。
自分の支払い分だけが戻ってこないことがデメリットかもしれませんが、損失はゼロに近いといっていいでしょう。
もちろん、クレジットカード会社ににらまれることもありません。
確実で、安全な方法の一つとして考えておくことができるのです。
問題になるのは、幹事じゃないとできないということぐらいでしょう。

このページの先頭へ